カオティックハードコアはあんまり聞きません
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
Search
chun-li says ...
12月6日… 俺は教育者にならなきゃいかんのか
Favorite
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< 6.28 サイレントラブコール main 映画1、「時をかける少女」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



2011.04.20 Wednesday 
- -
6.30 表現に触れるということ
 よく読書をする友人がおもしろいことを言っていた。

彼はもともと全然本を読まない人間だったらしいが、彼が二年生のときに所属していたゼミの書評会で先生に、

「あなたたちは無知なのにもっと知ろうともしないで死んでいくのですか(実際はこのような表現ではなかったかもしれない)」

と言われたことをきっかけに本を読み出して、いまではお金の使い道ががらっと変わるほど読書に傾倒しているらしい。



ただ、彼は読書をすることや本自体を崇高なものだとは思っていないらしく、読んで感じ取ることに快感を覚えているらしい。

衝動的で、彼らしい読書の仕方だと思った。

そして、そういうスタンスであれば僕にも可能じゃないかと思った。



僕は音楽に芸術性なんか求めていない。シンプルに言えば聞いてて何か湧き上がるものがあればいいし、そう感じない音楽に関しては心底どうでもいい。

気になる本はとりあえず読んでみようと思う。すごく楽しそう。



眠くなってきたのでそろそろ寝ます−。

おやすみなさい。



りょう


2009.06.30 Tuesday 01:14
生産的なアレ comments(0)
スポンサーサイト


2011.04.20 Wednesday 01:14
- -
comment




/PAGES